事務所LAO – 行政書士・社会保険労務士・労働衛生コンサルタント・海事代理士

労働衛生コンサルタント事務所LAO

労働衛生コンサルタント事務所LAOとは

労働衛生コンサルタントは、事業場の衛生についての診断及びこれに基づく指導を行います。代表は労働衛生コンサルタントの医師であり、産業医・顧問医もお受けいたします。

弊所では、有害業務の中でも化学物質系の有害業務に対する診断及び指導が得意です。特化物、有機溶剤、鉛、じん肺などに関する安全衛生のご相談をお受けいたします。難しいメンタルヘルス等の問題にも対応させていただきます。弊所の特徴として、提携機関と連携しシステムズアプローチによるメンタルヘルス対応を行うことも可能です。また、労働衛生に関する講師も承っております。

ごあいさつ

清水 宏泰

労働衛生コンサルタント事務所LAO / 労働衛生コンサルタント

清水 宏泰Hiroyasu Shimizu

私は公衆衛生が専門の医師であり、産業保健を主として活動しております。私はかつて公衆衛生の研究者として、有害化学物質を研究していましたので化学物質の労働衛生管理についてはぜひご相談ください。

また、いわゆるメンタルヘルスの問題は実は労務管理・キャリアの問題であることも多いのですが、私はキャリアコンサルタント・社会保険労務士でもあり、多様な問題把握・解決をご提案させていただきます。

詳しいプロフィールはこちら

選ばれる3つの理由

  • 社会保険労務士事務所の併設

    1.社会保険労務士事務所の併設

    代表は医師ですが、社会保険労務士と労働衛生コンサルタントでもあります。労務管理、コンプライアンスに関する知識を有した産業医活動を行います。

  • 多彩な連携先

    2.多彩な連携先

    近年の産業医業務は急激な社会変化に伴い多様化し、医療関係の職種だけで解決できる問題でない場合が多く、多職種の関与が必要だと考えています。弊所では連携先にあるように多彩な信頼できる専門家と連携しており、連携のご提案をさせていただきます。

  • 産業衛生の専門家

    3.産業衛生の専門家

    代表は、中央災害防止協会や作業主任者講習での講師を行っております。近年、有害な化学物質に関する知識を有する医師を探すのが大変であるとのお話もお聞きいたしますが、なんでもご相談いただければと思います。

事業内容

  • 産業医

    社会保険労務士、労働衛生コンサルタントである医師が産業医のご依頼をお受けいたします。難しい問題であっても多様なアプローチから解決をご提案いたします。

  • 顧問医

    産業医の選任義務のない事業所様より健康管理に関する顧問契約のお問い合わせをいただいております。産業医の業務に準じたサービスを提供させていただいております。内容につきましては柔軟に対応させていただきます。

  • 長時間労働・ストレスチェック面談、その他面談

    長時間労働者への医師による面接指導、高ストレス者を対象とする面接指導を行います。その他の産業保健分野の医師面談のご依頼もご相談ください。

  • スポット医師依頼

    産業保健に関する短時間の医師へのご依頼をお受けいたします。ご依頼内容につきましては柔軟に対応いたします。

  • キャリアカウンセリング

    部下がいつもと違うと気づいた上司より医師面談を行ってほしいと依頼があり、メンタルヘルスの問題として医師面談を行った結果、実はキャリアの問題であるという場面は非常に多いです。「キャリア」とは、過去から将来の長期にわたる職務経験やこれに伴う計画的な能力開発の連鎖を指すものです(厚生労働省)。必要に応じてキャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行います。

  • カウンセリング・EAP (従業員支援プログラム)

    カウンセリング・EAP(従業員支援プログラム)に関しましては、Veap Japan株式会社と提携しております。当所は、メンタルヘルスへの問題の一次予防として、Veap Japan株式会社の推奨する1on1が極めて有効であると考えております。

    Veap Japan株式会社によるEAPプログラムのご利用に併せて産業医として選任していただければ相乗効果が期待できます。

  • メンタルヘルス対策

    事業所内におけるメンタルヘルスの問題に対し産業医、顧問医として対応をいたします。通常の産業医が行う、厚生労働省等の指針等に基づく活動のほか、休職に伴う傷病手当金・障害年金等のアドバイスもあわせて行えます。事業所様に対しては就業規則の適用、ハラスメントの対応、労務管理等のアドバイスも行えます。難しいメンタルヘルスの案件にも対応させていただきますのでご相談ください。

    しかし、一人の産業医・顧問医としては物理的な活動時間の制限もあり、大掛かりなメンタルヘルス対策は困難な場合があります。メンタルヘルスの問題にしっかり取り組みたい事業所様は、産業医・顧問医の選任に併せてVeap Japan株式会社との連携、システムズアプローチによるメンタルヘルス対策をお勧めいたします。

  • システムズアプローチによるメンタルヘルス対策

    いわゆる「メンタルヘルスの問題」は組織の中と外にある様々な問題が相互に影響を及ぼし、その一端が問題として表面に現れてきているに過ぎないことが多いです。「メンタルヘルスの問題」は、不調を持つ従業員個人だけに焦点を当てるのではなく、会社を一つのまとまり〜システム〜として考え、そのシステムの不調としてとらえるべきという考え方が昨今注目されています。このように、問題の対象をシステム(まとまり)としてとらえるアプローチは“システムズアプローチ”と呼ばれます。

    この“システムズアプローチ”を実践するためには、たった一人の医師・労働衛生コンサルタントだけでは困難です。 弊所では、頼りになる多職種の提携先の協力を得て、このシステムズアプローチの考え方をもとに対応させていただきます。

    今までとは違う、メンタルヘルスへの対応にご関心がございましたらぜひお問い合わせください。

  • 講師依頼

    近年、有害な化学物質に関する労働衛生の講義ができる講師を探すのが難しいというお話をお聞きいたします。代表は労働衛生の講義につき実績がありますので、必要であればご相談ください。。

    【講演実績】
    中災防:衛生工学衛生管理者 (労働生理に関する知識、職業性疾病の管理に関する知識)

    中災防:粉じん作業インストラクターコース、有機溶剤業務従事者教育インストラクターコース、酸素欠乏危険作業特別教育インストラクターコース、ダイオキシン類作業従事者特別教育インストラクターコース

    作業主任者講習:有機溶剤作業主任者技能講習、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習、石綿作業主任者技能講習、酸欠・硫化水素危険作業主任者講習

提携先

CONTACTお問い合わせ

困ったことをどの分野の専門家に相談すればいいか分からないということはよくあります。LAOが対応できる内容か分からない場合でも、どうぞお気軽にお問い合わせください。

もちろん、弊所では、オンラインによる対応を行っております。Zoom, Teams, Webexは対応しております。その他のツールをご希望の場合はご相談ください。

オンライン相談に関して詳しくはをご覧ください。

オンライン相談について

オンライン相談とは

オンライン相談とは、スマートフォン・タブレット・パソコンを使って、ご自宅にいながらスタッフにご相談できるサービスです。スタッフの顔をみながら簡単にご相談することが可能です。

使用可能なアプリ等について

Zoom・Teams・WebExは実績があります。その他に関してはご相談ください。

オンライン相談の流れ

1.お申し込み
メールフォームまたはお電話よりお申し込みください。

2.日程のご予約
メールアドレス宛に日程調整のメールをお送り致します。

3.URLの送付
日程調整後、弊所より開催当日までにオンライン相談の方法をメールでご案内します。

4.相談日
お約束のお時間にお送りしたURLより参加していただきますと、打ち合わせが始まります。